配線規格情報

ネットワークの配線設計(LAN配線)に考慮すべき主な規格

ネットワークの構築時にサーバールームの設計や配線構成設計を行いますが、その際に知っておくべき基本的な規格を以下に示します。これらの規格とガイドラインを守ることでネットワークの高速化や将来のネットワーク機器の交換時にも配線システムは継続利用が出来ます。さらに不要な配線に起因する日常運用のトラブルを避けることで長期的コストを抑えることが可能となります。


TIA-569-C Cover

TIA-569-C Telecommunications Pathways and Spaces

建物内で通信ケーブルが布設される環境を定めています。
具体的にはケーブル敷設ルートに必要なサイズ、MDF室、IDF室、サーバールームの広さや照度そして空調環境等です。新築ビルの建築設計や企業の通信室等の設計には欠かせない内容となります。
国際標準規格ではISO/IEC 14763-2が対応しますが、TIA-569-Cの方がより具体的な内容となっています。
現在、改訂版となるTIA-569-Dの検討が進められています。
TIA-568.0-D Cover

TIA-568.0-D Gereric Telecommunications Cabling for Customer Premises

通信会社ではない一般企業や学校等における配線システムの基本的設計手法が記述されています。
ネットワークのコアとなるメインのサーバールームから各フロアに設置されるサブ通信室等への接続構成や水平配線で許容されるオプション構成等が示されています。
さらに各種ケーブルと各種通信方式における最大のケーブル布設長や布設時の注意点も示されています。


TIA-568.1-D Cover

TIA-568.1-D Commercial Building Telecommunications Infrastructure Standard

一般企業向けの配線システム設計に特化した内容の記述になっています。
TIA-568.0-Dとの違いは一般オフィスを前提にしたフロアサイズとサーバールームの設計について記述されている点です。


TIA-568-C.2 Cover

TIA-568-C.2 Balanced Twisted-Pair Telecommunications Cabling and Components Standards

メタル配線と呼ばれるシステムに使用されるケーブル、コネクタ、パッチコード等の材料規格です。市場に流通している配線材料には本規格を満足しない製品がありますので、材料の選定には注意が必要です。
これに対し、光ファイバーケーブルに使用される材料規格はTIA-568-C.3、同軸ケーブルはTIA-568-C.4となります。
このTIA-568-C.2の追加規格としてTIA-568-C.2-1 Category8規格の制定が進んでいます。
また、追加規格2としてCategory 6Aのパッチコード規格がISO/IEC 61935-2と異なっていた事に対し、両者の整合性を図るTIA-568-C.2-2 Addemdum 2: Alternative Test Methodology for Category 6A Patch Cordが2014年11月に発行されました。


TIA-942-A Cover

TIA-942-A Telecommunications Infrastructure Standard for Data Centers

データセンタに特化した配線システム規格です。
追加規格であるTIA-942-A-1 Addendum 1: Cabling Guidelines for Data Center Fabricsにて、より高速で信頼性の高いスイッチトポロジーに対応するガイドラインが示されました。
さらに、Telecommunictions System Bulletin TSB-5019, April 2015,ではCategory 8配線も使用可能とするHigh Performance Structured Cabling Use Cases for Data Center and Other Premisesが発行され、データセンタの新設や増床の際に参考となる文書が発行されています。


TIA-4966 Telecommunications Infrastructure Standard for Educational Facilities

学校等教育機関向けの配線システムの設計に特化した規格です。
アメリカの学校における標準的な配線システムの例が示されています。さらにANSI BICSI 001-2009 K-12 Standardを併用して設計を行う事が望まれます。


TSB-162-A Cover

TSB-162-A Telecommunications Cabling Guidelines for Wireless Access Points

無線LAN用の配線に特化したガイドラインを示しています。
スイッチから無線LANアクセスポイントまでの配線の内、アクセスポイント側に規格が定める通信アウトレットを介さない方式で工事で行う施工会社があります。BICSIはこれを認めています。
これに対してTIAでは従来どおり、アクセスポイント側に通信アウトレットを使用して柔軟な長さのパッチコードを用いることによりアクセスポイント位置の変更や増設にも対応可能とする考え方です。
これは、アクセスポイント側ケーブルのプラグ付近は急激な曲げを強いられたり位置変更により移動されることからダメージを受ける可能性が高く、交換可能なパッチコードを使用する方が合理的と言えます。

また、PoE+の製品が市場に流通していることからケーブルに求められる電流供給能力は増える一方です。ケーブルの発熱や損失増加を考慮したTSB-184Aが近日中に発行されますが、余程の短距離でない限り規格外の細径ケーブルの使用は避けるのが賢明です。